違法業者にご注意!

古物商の許可を、申請者の依頼を受けて、申請書類やその添付書類の作成、警察署への申請の代理ができるのは法律上行政書士のみと定められています。

最近ネット上で行政書士以外の者が、古物商許可取得のサポートをしておりますが、これらの業者は違法な可能性が非常に高いためご注意ください。

違法業者の問題点

違法業者は、直接警察署との交渉ができない

当然違法なことをしているわけですから、お客様にかわって警察との交渉などできるはずがありません。不完全なサポートで終わってしまいます。

その点、行政書士は堂々と古物商許可取得のサポートができるため、申請書の作成から警察との折衝まで完全にサポートができ安全です。

法的知識が無いため後々問題がでてくる可能性がある

違法業者は申請書の書き方を知っている程度で、根拠法令や関係法規の勉強はしていません。これらの者に業務を依頼すると、後々問題がでてくる可能性が高くなります。

行政書士は古物商の申請はもちろん、許可取得後の幅広い法的問題に対応できる能力があるため、後々問題が出てくる可能性は非常に低いでしょう。

個人情報の管理が徹底していない

行政書士には法律により厳しい守秘義務が課せられているため、申請者の秘密や個人情報を漏らすことはありません。

しかし、違法業者はいつ皆様の個人情報を漏らすかわかりません。またこれらの業者は行政書士法に違反しているため、いつ摘発されてもおかしくはないのでご注意ください。

粗悪なマニュアルについて

最近ネット上で行政書士以外の者が、古物商許可取得のマニュアルを販売しているのを多数目撃します。

この手のマニュアルは、市販の本をただ写しているだけであったり、また直接警察とやり取りをしたことがない者が作成しているため、非常に内容が薄いものとなっています。ぐれぐれも購入しないようにご注意ください。
(この手のマニュアルを数千円出して購入するぐらいであれば、市販の本を買ったほうが安くつきます)

行政書士のサポートは、実務の現場でしか得られないノウハウを多数持っているため、これらのマニュアルの類とは質が違います。



以上のように、直接古物商の許可申請に関わることのできない業者に任せると、しっかりしたサポートを受けることができないため、行政書士に任せるのが一番安全で確実と言えるでしょう。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ