古物商許可が必要なケース

リサイクルショップ、古本屋、中古車屋等で中古品を買い取って売る場合は、古物商の許可が必要です。またインタ-ネットショップやインタ-ネットオ-クションを利用して、営業として売買をするときも古物商の許可が必要です。

「営業として売買」とはどういうことかといいますと、ネットオークショに出店する場合でも、自宅用に使用する目的で購入して不要になったものなどを販売するだけであれば、「営業」には該当しませんので、許可は不要です。

逆に、仕入れなどを行い営利目的で出店するのであれば古物商許可が必要だということになります。

では、なぜ許可が必要なのかと言いますと・・・

盗品等の売買の防止と、すみやかな発見等をはかるため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行うことにより、窃盗その他の犯罪の防止と、その被害の迅速な回復をはかる必要があるためです。

これらの行為を許可を得ずに古物営業を営むと3年以下の懲役又は100万円以下の罰金になると規定されていますので注意しましょう。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ